スピーカーのリアルな評価クチコミレビューなら

JBL 4312M

 

 

JBL4312とDALI ZENSOR1,3と比較してみた

 

IMGP0541.jpgIMGP0548.jpg

見て左DALI ZENSOR3、  真ん中がJBL4312M、  右がDALI ZENSOR1。

IMGP0543.jpg
大きさはこの中ではDALI ZENSOR1がもっとも小さいです。

 

前面から見ると、全体をネットで覆われるDALIに比べ、JBLは少し露出があり印象が異なります。
裏面はDALIの方が木目調が少し強いです。JBLの方があっさりしている感じです。

 

 

IMGP0542.jpg 
上から見ると、奥行きは気持ちJBL4312Mが小さいです。
 
ZENSOR1と4312Mどちらも本当に小さいです。
 
どちらも小さいのにボディ以上の性能を出してくれます。

 

 

 

プラグ部分は

 

IMGP0547.jpgIMGP0544.jpg
写真左がDALI ZENSOR1,3
写真右がJBL4312M

 

この表に出ない裏の部分での見た目のオシャレさはDALIが勝ち。

 

 

 

JBL4312MとDALI ZENSORの音の違いはどうなのか?

 

 

IMGP0548.jpg 
DALIは優しい音色で低音もコスパ以上の迫力。クラシックが得意。
 
JBLはトゲのある音で低音は少し不足気味だが、高音の存在が独特。ジャズが得意。
 
 
 

どちらがオススメなのか?

 
といわれると、

 

  • ジャズ好きならもちろんJBL。

 

  • クラシックやアニメ、ホームシアターなどを楽しむのならばDALIをオススメします。

 

個人的にはJBL4312Mでジャズ以外を聴くと、「音楽を聴きたい!」という気持ちが少し萎えます。
 
たぶん、乾燥したトゲトゲしさがあるので心地よさが感じられないからだと思います。
(私の個人的意見ですからね)
 
 
 
ゆっくりソファーにもたれながら音楽の時間を楽しむならば断然DALIです。
(JBLの方が人気があるので私は少数派なのかもしれません。)

 

 

 

もうひとつ、私がJBL4312MよりもDALIをすすめるのはコストパフォーマンスの違いです。
 
JBL4312MはDALI ZENSOR3とよく似た価格ですが、
 
私の捉えるJBL4312Mの出力パフォーマンスはDALI ZENSOR1並み。
 
でも、価格は圧倒的にZENSOR1が安いです。しかもより小さい。
 
 
 
JBL4312Mを購入するならばDALI ZENSOR1を2ペア購入してマルチチャンネルにした方が絶対に良いですね。
 
今回の勝負では断然DALIをオススメします。
 
 

続きを読む≫ 2014/11/12 23:18:12

おすすめスピーカーを実際に購入!!

 

【JBL 4312M の購入レビュー】
 
DSC_0065.jpg
 
JBL4312MkIIのコスパ重視向けとされるスピーカー
 
今まではDALIの3連チャンだったので、
少し違うメーカーも試したくなってきました。
 
とりあえず、知人の「ジャズを聴くならJBL!!」と言っていたことを確認しようと
JBLの4312Mと4312MIIを買ってみた。
 
まずは4312Mを楽しんでみました。
 
さて、どんな音がなるのでしょうか?

 
 

JBL 4312Mのデザイン性は・・・

DSC_0066.jpgDSC_0067.jpg

 

木目調なので、ネットがあると部屋の雰囲気にまだ合っています。
 
DSC_0064.jpgDSC_0060.jpg
 
やはりJBLといえばデザインがお洒落。
ブルーのバッフルと薄めのトーンのウォールナットがとても良い雰囲気。
モダンな感じがします。
 

 

ネットの使用を考えなければ、オシャレな部屋にぴったりでしょう。
しかし私の部屋の雰囲気には残念ながらミスマッチ。
もちろんネットは取り付けたままで使用。
(写真がきれいに撮れない・・・すみません)
 
大きさはW18.1×H30.0×D18.0cm。
重量:4.0Kg
 
 
結構コンパクトです。
さすがブックシェルフ型といえわれるだけはあります。
 
木目調でモダンでありながらも優しさを感じます。
 
DSC_0077.jpgDSC_0078.jpg

 

 

高音域用のドームは1.9cm。
中音域用のコーンは5cm。
低音域用のコーンは13.3cm。
 
高音域と中音域にはそれぞれ3段階の調整ができるアッテネーター(ツマミ部分)が搭載されてます。
写真のとおり、ネットをかけてもアッテネーター部は隠れません。
スピーカーの表情がこのツマミが見える見えないだけで結構雰囲気が変わります。
 
 
背面はあっさりとしています。
IMGP0539.jpgIMGP0540.jpg
 
プラグの部分は
IMGP0544.jpgIMGP0545.jpg

 
前面に比べ、ちょっとオシャレさが足りないですね。安っぽく見えます。
 
 
 

JBL 412Mの音域は

 
高音域はメリハリが強く、コントラストの高い表現力をもっている。
少しシャキシャキし過ぎている感も否めない。
高音の存在感が強い印象。
 
中音域はどことなく音が篭っている感じ。
高音に比べると存在が弱いです。
 
低音域は迫力ある低音とは言えず、パワー不足と評価してしまう。
確かに小ぶりなサイズからは十分な低音を出しているとは思う。
でも、迫力が感じない。
 
全体的な印象は、DALIが温暖系(暖色系)とすればJBL4312Mは
寒色系で、どちらかというと尖がった音です。
バランスは高音が主役の中低が脇役。
悪くはない。

 
 

JBLはジャズ向けだというのがよくわかる!

 
JBL4312でクラシックを聞いているととてもクラシックを聞きたい気持ちになれない。
しかし、ジャズを聴いてみるとジャズ特有の小さな高音や、
それぞれのパートの個性をよく感じ取れる。
トゲトゲした形の音だが、個性を強調してくれるっていう感じです。
だからクラッシックはまとまり感を感じられないのですが、
POPSにも合っています。
女性ボーカルは明朗です。
アニソンにもよいです。
 
でも、やはりこのスピーカーはジャズが最も得意だというのが痛感します。
しつこいようですが、クラッシクには向いていません!
 
ホームシアターとしては、このJBL4312の乾いた音が気に入れば問題ないと思います。
 
 

 

JBL4312Mの省スペース性

 
IMGP0531.jpgDSC_0062.jpg
 
やはりコンパクトなのですっきりして気持ちよいです。
このくらいの大きさは本当に使い勝手がよいですね。
奥行きも小さいので本棚に入るような本物のブックシェルフ型です。
 
 

JBL4312Mのコストパフォーマンスは

 
残念ながら期待していた音はなかったです。
 
強いて言えば高音域の楽しみさを感じることができ、サブスピーカーとしても十分活躍できる。
という点でしょうか。
 
ジャズしか聴かない!という方には向いています。
 
それ以外は完全にDALI ZENSOR1に劣っている気がしてなりません。
格段にZENSOR1の方が安いですから。
 
ZENSOR1の支持される理由が実によくわかります。
 
答えはひとつ。
あまりオススメしません。
 

 
 
 
 
 

続きを読む≫ 2014/11/12 21:07:12

ホーム RSS購読 サイトマップ